So-net無料ブログ作成
検索選択

首相、郵政改革法案は「来週火曜に結論」(産経新聞)

【鳩山会見詳報(10完)】(26日夜)

【郵政】

 −−郵政改革法案についておたずねする。閣内が混乱しているようだが、首相自身が受け入れ限度額とか、簡保の加入限度額について、亀井静香郵政改革・金融相がおっしゃるような案のままでいいと考えているのか。それとも、ある程度、限度額の幅を圧縮するべきだと考えるか。そこで首相の指導力を発揮する考えはないか。了解を与えた、与えていないという水掛け論になっているが、亀井氏に対してはある程度お任せします的なことを首相自身はおっしゃっていないのか

 「郵政改革についてのおたずねであります。主として、この郵貯、簡保の限度額のお話であろうかと思います。この件に関して、まだ閣議で決定をしている段階ではないということでございまして、したがってこの件に関して、私の方から閣議、閣僚懇の中で申し上げたのは、ぜひ、さまざまな、これはある意味で、金融の問題だけでとらえるべきではないということで、幅広くすべての閣僚のみなさんにもご参加をする形で、意見交換をして議論をしようじゃないかということを提案したところでございます。来週の、たぶん火曜日になろうかと思いますが、しっかりと全閣僚出席のもとで議論を進めて、そこで結論を見いだせるようにしてまいりたいと思います」

 「私は、これは、水掛け論の話の中に入るつもりはありません。大事なことはやはり、閣内でまだ決定していない段階では、それぞれの方々がそれぞれの思いで発言することをすべて閣内不一致だということでご批判をされると、これは自由な議論がまるでできないということになります。むしろ、自由な議論というものはあってしかるべきだと私は思っています。最終的に決めたときに、なぜ、その結論に従うということができることが政治主導だと思っておりまして、ぜひ、みなさん方にもいろんな声が、閣議で決める前にそれぞれの閣僚の中にあることはむしろ健全なんだと。今まではそれぞれの担当の大臣が官僚のみなさん方にある意味で任せられてしまっていて、ほとんど声が出なかったということ自体がむしろ不健全であったと、ぜひ考えていただきたい。結果として当然、最終的に指導性というものを発揮することは大事だと思っておりまして、最後は1つにまとめてまいりたい。特に亀井大臣、原口一博(総務)大臣が中心となって今日まで努力をされてこられたということは、敬意を表するべきであろうと思っておりまして、結果として決まってはおりませんが、すでに委員会などで答弁をされた数字というものは、それはかなり重い、重さが大変重いものであるということは、すべての閣僚も認識をする中で議論を進めていくことが必要だと思っております」

【関連記事】
首相、参院選勝敗ラインは「考える状況にない」
首相「閣内不一致と言われないようにする」
首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁(医療介護CBニュース)
普天間問題 岡田外相「ゼロベースで検討中」(産経新聞)
<判決文偽造>元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決(毎日新聞)
拉致支援法案が衆院通過(時事通信)
<融資金詐欺>コシ社長に実刑 東京地裁判決

新型インフル対策総括会議の構成員を発表―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月26日、新型インフルエンザ対策総括会議の構成員を発表した。政府の新型インフルエンザ対策本部の専門家諮問委員会委員長を務めた尾身茂氏(自治医科大教授)ら11人で、初会合は31日に開かれる。

 同会議の構成員は尾身氏のほか、▽伊藤隼也氏(医療ジャーナリスト)▽岩田健太郎氏(神戸大大学院医学研究科教授)▽岩本愛吉氏(日本感染症学会理事長)▽岡部信彦氏(国立感染症研究所感染症情報センター長)▽金澤一郎氏(日本学術会議会長)▽河岡義裕氏(東大医科学研究所感染症国際研究センター長)▽川名明彦氏(防衛医科大学校教授)▽田代眞人氏(国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長)▽谷口清洲氏(国立感染症研究所感染症情報センター第三室長)▽丸井英二氏(順天堂大医学部教授)―の全11人。

 同会議は、新型インフルエンザに対して厚労省が講じてきた対策を総括し、今後の新型インフルエンザの再流行時や鳥インフルエンザの発生時の対策に生かすため、同省新型インフルエンザ対策推進本部の下に置かれる。
 会議では、対策の経緯と今後の課題をまとめた上で、水際対策、公衆衛生対策、サーベイランス、広報体制、医療体制、ワクチンなどについて、有識者の意見を踏まえながら今後の課題を検討する。


【関連記事】
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏
厚労省の現役医系技官が国の新型対策を批判
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン
「新型」診断の医師の届け出義務を廃止−厚労省
人口の10%以上が感染―2009年重大ニュース(1)「新型インフルエンザ」

「暴力団雑誌置かないで」と要請=コンビニ大手6社販売中止−福岡県警(時事通信)
山崎さんシャトル、予定通り=来月5日打ち上げ正式決定−NASA(時事通信)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(1)俳優・國村隼さん(産経新聞)
チンパンジーは空気よむ? 仲間の視線に敏感 京大が初解明(産経新聞)
「道頓堀くくる」名物のタコ看板はオスだった!(産経新聞)

喜美氏、打診は否定も北野大氏にラブコール「出てほしい」(スポーツ報知)

 みんなの党が今夏の参院選に明大教授・北野大(まさる)さん(67)の擁立を目指しているとのスポーツ報知の報道を受け、同党・渡辺喜美代表(58)は19日、国会内での会見の後に「北野大さんが候補者になったらいいなあという願望を党内で語ったことがある」と党内調整していることを明言した。さらに「ご縁があれば話をしてみたい」と直接対話へのラブコールを送った。

 渡辺代表の目は、メガネの奥で笑っていた。定例会見の途中で「北野大さんに参院選出馬を打診したとの報道があるが」と問われると「打診したという事実はございません。誰一人、打診に赴いた者はおりません」。が、すぐに「ああいう方に出てほしいなという願望を話を(党内で)したことはあります」と不敵な笑みを浮かべ、北野さん擁立に向けて党内で調整していることを明言した。正式発表前に、党のトップが特定の候補者に関して言及するのは極めて異例ともいえる。

 会見が終わった後、ヨッシーは報道陣に対し「北野大さんが候補者になったらいいなあという願望は党内で語ったことがある」と同じような表現ながら、明確に北野さんの個人名を挙げた。本人との直接面会や、事務所関係者など周辺との接触は否定したが「今のところは願望にとどまっていますが、ご縁があれば、お話はしてみたいと思います」と、北野さんの意向によっては本格的に動き出す考えを強調。さらに本紙に対しては「せっかく報知が書いてくれたんだから。これでご縁が出来るのかな」とリップサービスまで飛び出すノリノリぶりだった。

 代表いわく「期待外れ」の民主党と「学級崩壊」の自民党を横目に参院選での躍進を目指すみんなの党にとって、北野さんは、3拍子そろった目玉候補となる。環境化学を専門にした博識と、テレビなどでの知名度、そして実弟が映画監督の北野武という好イメージ。渡辺代表は「たけしさんは、みんなの党を応援してくれている」とも語るだけに“たけし効果”も期待できる。

 最後に渡辺代表は、参院選に向けた抱負として、北野さん擁立の可能性もある東京千葉埼玉大阪の4選挙区について「引き続き調整して、準備が整ったところから発表してきます」と語った。

 一方、北野さんの所属事務所は本紙の取材に「何も申し上げることはありません。何も(みんなの党サイドから)話がないので」とコメントしている。

 【関連記事】
みんなの党が北野大氏に参院選の出馬打診
みんなの党 北野大 渡辺喜美 調べる

岩手県発注工事で80社の談合認定=指名停止に「減刑嘆願」も−公取委(時事通信)
<原口総務相>自殺報道照会「今後、十分に注意」(毎日新聞)
<郵政改革>鳩山首相「なお議論必要」、修正の可能性を示唆(毎日新聞)
「三成に過ぎたるもの」佐和山城内堀は大型(読売新聞)
<兵庫県弁護士会>司法試験合格者1000人に減らして (毎日新聞)

<未成年者略取>2歳児連れ去り…12時間後に保護 東京(毎日新聞)

 東京都東久留米市のショッピングセンターで17日夜、男児(2)が見知らぬ男に連れ去られる事件が起きていたことが分かった。警視庁捜査1課と田無署が行方を捜していたところ、約12時間後の18日午前7時ごろ、北区のJR田端駅の構内で男児を無事保護した。男児にけがはなかった。捜査1課は男児と一緒にいた50代の男から事情を聴いており、容疑が固まり次第、未成年者略取容疑で逮捕する方針。

 捜査1課によると、男児は17日午後7時25分ごろ、東久留米市の「イトーヨーカドー東久留米店」で父親が目を離したすきに行方不明になっていた。男は男児を連れて電車で移動したとみられる。男は事情聴取に「かわいかったから連れ去った」と話しているという。【神澤龍二】

【関連ニュース
国分寺死体遺棄:監禁容疑で男6人逮捕
栃木遺体遺棄:2被告を逮捕監禁致死で追起訴 鹿児島地検
石巻3人殺傷:つかみかかられ刺した…少年、正当防衛主張
捜査怠慢訴訟:2審も死亡の因果関係を認める 賠償を命令
石巻2人刺殺:宮城県警がDVとストーカー被害再度検証へ

「苦難の行軍」 北から届いた手紙100通 貧困…“拉致被害者”の子供たち(産経新聞)
生活費8年間で3割節約=大学生、アルバイト増やす−08年度調査(時事通信)
逮捕の会社員、拳銃約30丁所持=銃刀法違反で再逮捕−広島県警(時事通信)
日米同盟基軸「揺るぎなく継続」=防大卒業式で訓示−鳩山首相(時事通信)
野焼きの男性3人死亡=陸自東富士演習場−静岡(時事通信)

<医療事故>カテーテルから空気入り男性死亡 静岡の病院(毎日新聞)

 国立病院機構静岡医療センター(静岡県清水町)は19日、入院していた80代の男性が、カテーテルから体内に空気が入り込む医療ミスで死亡したと発表した。カテーテルの連結部が緩み、心臓などに空気が混入し窒息死した可能性が高いという。センターから異状死として届け出を受けた県警沼津署は業務上過失致死容疑で調べている。

 センターによると、男性は2日、下部胆管がんの手術を受け、首から静脈に約10センチの深さでカテーテルを挿入された。看護師が6日夕、カテーテルの連結部が緩み、輸液が漏れているのに気づいて締め直したが、約10分後に容体が急変し呼吸が停止。12日に死亡した。心臓に空気が入っていたことがCT検査で判明したという。看護師は輸液漏れに気付く15〜30分前にも確認していたが、異常はなかった。

 野見山延院長は記者会見で管理ミスを認め、「患者が動くなどし連結部が緩むことはあるが、空気が入り込んで患者が亡くなるケースは聞いたことがない。男性と遺族に深くおわびしたい」と話した。【山田毅】

【関連ニュース
山本病院:理事長を業過致死罪で起訴 奈良地検
医療事故:投薬ミスで寝たきり状態、病院に賠償命令 岡山
医療ミス:がん患者取り違え手術 東北大病院、70代の前立腺全摘
奈良・山本病院の業過致死:地検、理事長を起訴
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 救命可能性どう判断 診断ミスも争点−−来月1日判決

<ナシ>受粉作業ピーク 福岡・朝倉(毎日新聞)
高校無償化法案の付則修正=公明の要求受け−与党3党(時事通信)
日銀追加策に期待感=仙谷国家戦略相(時事通信)
完納率、4割強で過去最低=国民年金保険料−厚労省08年調査(時事通信)
改革要求ラッシュ、自民・谷垣氏に試練(読売新聞)

<高校無償化>朝鮮学校は法成立後に結論 平野官房長官(毎日新聞)

 平野博文官房長官は11日午前の記者会見で、高校無償化法案の対象に朝鮮学校を含めるかどうかに関し、「法律により(無償化の対象を定める文部科学)省令が担保されるので、法律が通ってから決める」と述べ、政府方針の決定は今国会の法成立後に先送りすることを明らかにした。

 これに関連し、鳩山由紀夫首相は同日朝、公邸前で記者団に「まだ最終的にどちらとも決めていない」としの考えを示した。【横田愛】

【関連ニュース
高校無償化:国交などで区別しない姿勢強調…川端文科相
高校無償化:衆院文科委が朝鮮学校を視察
鳩山首相:朝鮮学校生徒との面会検討へ 高校無償化法案で
高校無償化:衆院文科委が朝鮮学校視察へ
鳩山首相:朝鮮学校の除外は未定 高校無償化で

衆院選無効訴訟で5例目判決へ=格差2.3倍、違憲と主張−東京高裁(時事通信)
<郵便不正>障害者団体の元幹部、起訴内容認める(毎日新聞)
農水省公用車、車ごと随意契約 会計検査院が「不適切」(産経新聞)
上海万博訪問を検討=唐前国務委員に伝える−鳩山首相(時事通信)
鳩山首相 「弟は弟」連携を否定 邦夫氏、離党で(毎日新聞)

<愛子さま>学習院初等科の終業式出席 雅子さま付き添って(毎日新聞)

 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)が16日、学習院初等科の終業式に出席した。皇太子妃雅子さまが付き添った。2年生の愛子さまは通学への不安感から学校を欠席、早退するなどしていた。

 愛子さまと雅子さまは午前9時前に車でお住まいの東宮御所を出て初等科正門に到着した。ご一家のお世話をする宮内庁東宮職の野村一成・東宮大夫は12日の定例記者会見で、愛子さまについて「ご通学への不安感は依然としてお持ちのようだ」と述べている。

首相、訪米に意欲 米国土安全保障長官と会談(産経新聞)
大阪市雇用対策事業 受託会社が日誌改竄か(産経新聞)
<訃報>佐藤昭子さん81歳=田中角栄元首相の元秘書(毎日新聞)
<京都府警>3人を懲戒処分 窃盗事件の証拠品599点紛失(毎日新聞)
<強盗>パチンコ店から2人組660万円奪う 千葉・白井(毎日新聞)

北・イランの核問題で連携=米国務副長官と会談−岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は5日午前、スタインバーグ米国務副長官と外務省で会談した。両氏は日米同盟の重要性を確認、北朝鮮とイランの核開発問題に連携して対処していくことで一致した。
 スタインバーグ氏は会談後、ウラン濃縮活動の停止などを求めた国連安保理決議に従わないイランへの対応について、「安保理でも(日米は)重要なパートナーであり、われわれは緊密に連携して困難な問題に当たりたい」と記者団に語った。 

【関連ニュース
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記「人民に白米を」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜

2警官が暴力団に情報漏洩か 奈良県警、処分を検討(産経新聞)
「のぞみ」異臭・白煙1時間…床下で大きな音(読売新聞)
<お別れの会>中村昇さん=30日、京都市のホテルで(毎日新聞)
両陛下、ラオス大統領と会見(時事通信)
核テロ脅威、明文化へ 安全保障サミット 対北・イラン圧力強化(産経新聞)

<民主党>子ども貧困解決に向け議員の会(毎日新聞)

 民主党の国会議員有志が15日、子どもの貧困問題の解決に向けた新たな法律制定を視野に「議員の会」を発足させる。親から子どもの貧困の連鎖を断ち切るための基本法制定を求める団体から意見聴取するなどし、早ければ今国会中にも法案をまとめる。

 「子どもの貧困問題を考える民主党議員の会」(仮称)で、西岡武夫参院議員や藤村修衆院議員ら11人が発起人に名を連ねている。

 規約案では子どもの貧困解消を会設立の目的に掲げており、「問題解決に資する法律案作成を目指す」と明記。平等な教育機会の保障や貧困の連鎖の解消を、速やかに解決すべき重要案件と位置付ける。【坂口雄亮】

【関連ニュース
<子供の貧困>ひと:三輪ほう子さん 子どもの貧困に取り組むネットを
<子供の貧困>新教育の森:貧困ゆえに低学力、意欲向上どう導く
<子供の貧困>スクランブル:「反貧困ネット」で 親からの虐待を語る
働きたいのに:高卒クライシス/上 十数社すべて門前払い
<勝間和代のクロストーク>格差是正、より幅広い観点で

千葉・東金の女児殺害「物証中心の審理を」 障害者団体が申し入れ(産経新聞)
北教組、08・09年度の会計書類隠ぺいか(読売新聞)
町田市が損保提訴へ=「症状固定」後の治療費請求−東京地裁(時事通信)
ゴルフ場で土砂崩れ、作業員生き埋め(読売新聞)
参院選対策本部の看板掛け=小沢氏「月内に全候補決定」−鳩山首相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。