So-net無料ブログ作成

決済方法の説明

主な決済方法
クレジット カード現金化とは、クレジット カードのショッピング枠を使ってクレジット カード現金化業者が指定するキャッシュバック付着商品を購入して、その購入代金にそって同一に各クレジット カード現金化業者が規定しているキャッシュバック率に基づいた現金がカード利用者指定の口座に入金されます。
いわゆるブラックok 融資一種のキャッシング、資金融資です。

それで実際にあなたがお金が必要になってクレジット カード現金化サービスを利用するとします。
それでどのようにこのクレジット カード現金化をしますか?
具体的にはどのようにこのクレジット カード現金化の取り引き、決済をしますか?

方法は大きく3個あります。
一つはオンライン決済です。
この方法が最もはやく現金をできて、一般的な方法だと話すことができます。
先ずはクレジット カードのショッピング枠がどれくらい残っているのか調査します。
クレジット カード会社でクレジットカード現金化 違法確認すれば分かるでしょう。
ここでクレジット カードのショッピング枠を全部使ってしまった、余裕がない場合はクレジット カード現金化サービスを利用できません。
クレジット カード現金化をするためには、クレジット カードのショッピング枠に余裕がある場合に限定されます。
クレジット カード会社に確認して、クレジット カードのショッピング枠に余裕があれば、次にクレジット カード現金化をしている会社に電話やホームページ上のフォームを使って連絡します。
するとクレジット カード現金化会社の側で本人確認のため電話がかかってきます。
本人であることを確認した後に身分証明書の複写などをメールやFAXを使って送信します。
その後オンラインで商品を購入します。 商品購入が確認されれば、クレジット カード所有者が指定する口座にお金が入金されてきます。
そして後日商品の配達が行われます。

以上がオンライン決済の場合、その次が商品配達時決済の現金化 仕組みです。
まず第一歩はオンライン決済のケースとともにクレジット カードのショッピング枠の確認です。
ショッピング枠にガランと空いているということがあるのを確認した後に、クレジット カード現金化会社に連絡します。
その後本人確認の手続をします。
ここまではオンライン決済と同じですが、ここからが違います。
商品配達時決済のケースでは、商品を注文した段階クレジットカード現金化 詐欺ではお金は入金されません。
後日配送業者が注文した商品とクレジット カード端末機を持ってきます。
その時に決済することになります。
その後クレジット カード所有者が指定する口座にお金が入金されてきます。
オンライン決済と商品配達時決済では、お金が入金されることだと商品が配達されることだと、順序が反対だと考えておいて下さい。
以上の2個に加えてもう一つのケースがクレジットカード現金化 店舗決済です。
クレジット カード現金化会社には駅前などに店舗を態勢を取っている中道あります。
オンラインではなんだか不安だという人には、実際に店舗を訪問する方法が安心かも分かりません。
店舗決済の場合、クレジット カードと身分証明書を持ってクレジット カード現金化会社の店舗に行きます。
そこで本人確認とクレジット カード現金化申請をします。
ここで商品購入ですが、その方法は2種類あります。
そこの店舗内で購入するのか、指定された別途の店舗で購入するのかです。
購入した商品と現金を窓口で交換します。
または、商品の受取と同時に、キャッシュバック率に基づく現金も受けます。
このようにして現金を受けることができる計算ですが、償還はクレジット カード会社に対し償還になるので、その後償還のためにまた来店する必要はありません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。