So-net無料ブログ作成

「公訴時効見直し仕上げた」 千葉法相、死刑ゼロに「議論起こせず、反省」も(産経新聞)

 千葉景子法務相は4日、閣議後の記者会見で、「マニフェストに掲げた課題に方向づけができ、公訴時効の見直しについては議論に区切りをつけて、仕上げることができた」などと、法相としての8カ月間を振り返った。

 新たな民主党代表として、菅直人氏と樽床伸二氏のどちらがふさわしいかを問われると、「菅氏を推薦しています」と明言。新リーダーに期待することとして、「クリーンな政治、自由闊達な議論をしていくという風通しの良さなど、民主党の原点だったことが期待されている」と述べた。

 任期中に死刑が1人も執行されなかったことについては、「大変重みのあることで、慎重に考えてきた」とした。その上で、「議論の場を作ったり、死刑についての情報が開示されるような方向に歩みを進められたら、と思っていたが、力足らぬところがあり、反省もしている」と語った。

【関連記事】
「まさか刑務所開放…」 法相、公務員の新規採用半減に反論
閣内バラバラ、今度は平野氏が北沢氏を批判「不規則発言だ」
事業仕分け 「廃止」連発 ギャラリー意識?
「制度は順調、理念定着」 裁判員制度1年で千葉法相
死刑と無期懲役はなし 殺人、性犯罪で量刑重めに

<パナソニック>業務用蛍光灯に不良品 無償交換へ(毎日新聞)
G20、代理出席も厳しく=内閣総辞職で空白に(時事通信)
<文科省>学力テスト「要改善」 行政事業レビュー(毎日新聞)
官僚主導に「くさび打ち込んだ」―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
日光東照宮など申告漏れ=3社寺で総額5億円―駐車場収入や数珠販売・国税指摘(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。